拡張性について

2016-04-12

週明け2日目の新潟市は、素晴らしい晴天ですね。

というわけで、今日も電話工事、パソコン設定、張り切って行ってきます。

*****

そして、さっそく本題。

話題を変えて、昨日から紹介させて頂いております、ムラテック、マルチコミュニケーションデジタル複合機【MFX-2870】。

本日は「拡張性」についてのお話です。

Information server 5を標準搭載しており、オフィスのドキュメントゲートウェイとして、業務効率アップに貢献します。

【Scan-to-Anywhere】

〈スキャンtoボックス/E-mail/フォルダー/FTP/USBメモリー〉

スキャン原稿は、Information serverのボックスやE-mail、ネットワーク上のフォルダー、FTPサーバー等に簡単操作で送信、保存ができます。
手持ちのUSBメモリーにも、直接保存できるので、必要な文書をジャストタイムで持ち運ぶことができます。

※GmailやYahoo!メールにも対応可能です。

〈スキャンto Evernote〉

クラウドデータ管理ツール、「Evernote」にスキャン文書を送信、蓄積しておくと、外出先からモバイルPCや、スマートフォンで簡単に文書を検索、閲覧することが可能です。

※あらかじめ、Evernoteのアカウント登録が必要です。
※無料アカウントでデータをアップロードできる容量には、制限があります。
※PDF文書の文字認識機能利用には、有料アカウント登録が必要になります。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.