誤送信防止のファックス機能

2016-06-15

新潟市の皆様、こんにちは。

今日の新潟市は、昨日と一昨日の雨がウソのような晴天ですね。

しかし、梅雨入りしたというだけあって、ジメジメ感は拭い去れませんね。

というわけで、今週も折り返し。

今日も張り切って、電話工事に行ってきます!

******

昨日は、TOSHIBA複合機【e-STUDIO 2050c】のスキャン機能について紹介させて頂きました。

今日はこちらも皆様、よく使う機能であると思います、「ファックス」機能についての紹介です。

誤送信防止機能や、自動転送機能で、大切な情報をガードします。

【受信転送で楽々電子化、コスト削減が実現できます】

〈受信ファックス自動転送〉

受信したファックスをあらかじめ指定されたPCサーバーにデータ化して転送できます。

Eメール転送機能を使えば、外出先でも受信書類をスマートフォンなどで見ることができます。
受信書類の印刷をする/しないが選べるので、コスト削減にも繋がります。

※オプションを装着すると、2回線を1機で使用できます。
※回線別に転送先も指定でき、省スペース化が実現できます。

【ケアレスミスを防ぎ、安心して送受信できます】

〈ファックス誤送信抑止機能〉

ファックス番号の入力ミスなどにより、誤った宛先に重要な情報を送ってしまわないよう、誤送信を抑止することが可能です。

※出荷時はoffに設定されていますので、サービスエンジニアによる設定が必要です。

〈ファックスプレビュー〉

送信時にプレビュー機能で確認ができます。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.