パソコン設置後のLAN工事

2017-08-29

新潟市の皆様、こんにちは。

今日の朝は、、、皆様、ミサイル発射の警報で目が覚めたという方も多いのではないでしょうか?

私もそうでした。

朝からヒヤッとしましたが、一先ず安心という事でしょうか。

******

そんな中、本日も新潟市をLAN工事で回っております。

今日のお客様は、以前パソコンを設置、設定をさせて頂いたお客様です。

社員の増員により、パソコンが増えたとのことで、LAN工事、LAN配線の整理をご希望でした。

ご満足頂けるように対応させて頂きます。

******

それでは、本題。

昨日の続きの、ファックス誤送信防止機能についての紹介です。

・宛先2度入力

送信開始前に、テンキーで入力したファックス番号を再入力して、間違いがないか確認します。
入力ミスによる誤送信を防止します。

・宛先確認表示

送信開始前に、指定した宛先の一覧を表示して、誤った宛先が選択されていないか、確認してから送信する機能です。

・メモリー受信、PC転送

メモリー受信したファックスデータをPCへ自動転送して、画面上で確認できます。
受信ファックスの放置を防ぎます。

・通信結果確認/レポート

ファックスの送信結果を操作パネルの画面やレポート出力で確認できます。

※オプションのFAXキットが必要です。

〈その他の誤送信防止機能〉

同報送信禁止、ダイヤル直接入力禁止、宛先確認送信、送信承認パスワード機能があります。

******

次回は、オフィス環境に応じたユーザー認証について、紹介させて頂きます。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.