事務所移転をお考えの方に③

2015-06-22

本日も晴天で気持ちの良い空気が新潟市に広がっていましたね。

 

さて、事務所、オフィスの移転の流れについてお伝えさせて頂いています。

 

引っ越し庶務関係の手続きからご紹介します。

 

◆インターネット関連

(インターネットも引っ越しが必要です。契約内容など、ご使用のプロバイダへ確認しておきましょう。)

 

◆設備その他機器

(リース契約で使用している場合、リース会社へ移転の報告、確認が必要です。)

 

◆郵便物の転送手続

(届出は無料で行えます。郵便局での手続きになります。)

 

◆移転挨拶状の手配

(取引先様、お客様に宛てます。)

 

◆社内印刷物の作成

 

◆預託金の返還期日の確認

 

◆各種取引業者への連絡

 

〈オフィスのプランニング〉

 

必要なスペースの算定やレイアウトの確認を行います。

より快適で生産性を高められる、事務所、オフィスを目指してプランニングを行いましょう。

 

〈内装、設備、インフラの工事〉

 

少し重複になりますが、電気工事、内装工事、無線LAN工事などは各種業者へ早目に委託しておきます。ぎりぎりの問い合わせですと、希望日にスケジュールの関係で移転工事が行えない場合があるので注意が必要です。

 

〈引っ越し作業〉

 

〈関係各庁への届け出〉

 

法務局、税務局、社会保険事務所、労働基準監督署、職業安定所、郵便局、など各庁への届け出が必要になります。

※労働保険組合に加入している場合は、そちらの組合で手続きを行えます。

※詳細、届け出内容については各官庁へお問い合わせください。

 

 

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.