FAX誤送信防止機能

2015-07-29

今日の新潟市は曇り空が広がったどんよりとした天気ですね。

さて、今日も弊社シンクロニシティー株式会社、イチオシの複合機、TOSHIBA【e-STUDIO】のFAX機能の続きから紹介していきます。

・ネットワークFAX

「PC-FAX」送信

パソコンで作成した文書を、印刷する感覚で直接FAX送信できます。印刷する手間やコスト、画像の劣化を抑えることができます。

※Windows OSのみ対応

・FAX受信転送

受信したFAXをあらかじめ指定されたPCサーバーにデータ化して転送できます。Eメール転送機能を使えば外出先でも受信書類をスマートフォンなどで見ることができます。
受信書類の印刷をするか、しないかが選べるので、コスト削減にもつながります。

・インターネットFAX

電話回線ではなく、インターネット網を利用してFAX通信を行います。一般的な常時接続環境では、FAX通信費をインターネット接続費に含めることができ、FAX通信費を削減することができます。

※インターネットメールサーバーが必要です。

〈ケアレスミスを防ぎ、安心して送受信ができます〉

FAX番号の入力ミスなどにより、誤った宛先に重要な情報を送ってしまわないように、誤送信を防止することが可能です。

※出荷時はOFFに設定されているため、サービスエンジニアによる設定が必要です。

・FAX誤送信防止機能

情報通信ネットワーク産業協会によるファクシミリのセキュリティーに関するガイドラインが利用できます。

明日は「セキュリティー機能」についてご紹介します。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.