安心のセキュリティー機能

2015-07-30

今日の新潟市はまたどんよりとした曇り空が広がっていますね。

さて、今週も今日で終わりですね。

張り切っていきましょう。

昨日はTOSHIBA複合機【e-STUDIO2050c】のFAX機能について紹介しました。

今日は一点昨日の続きと、「セキュリティー機能」について紹介していきます。

・FAXプレビュー

送信前にプレビュー機能で、表/裏の間違いやスキャンミスをチェックできます。

※オプションの「ハードディスクキット」が必要です。

***

続いて、「セキュリティー機能」についての解説です。

【Security & Easy】安心とネットワーク機能の両立、すべての人が簡単にそして快適に

〈安心のセキュリティー機能で大切な情報を守る〉

・セキュリティーHDD搭載で安心

256ビットAES(Advanced Encryption Standard)方式でHDD上の全てのデータが暗号化されます。
また、HDDが盗難されたとしても、他の危機にHDDを装着して不正に読みだそうとした瞬間にデータが無効化されるため、情報漏えいを防止することが可能です。

※オプションの「ハードディスクキット」が必要です。

・IEEE2600.1-2009に適合

2009年6月に制定された複合機、プリンターが備えるべきセキュリティー機能の国際的な規格である「IEEE2600.1-2009」に適合しています。

※オプションの「ハードディスクキット」、「データ消去オプション」が必要です。

・データ消去オプション(GP-1070)

複合機本体内のハードディスクに残るコピー、プリント、スキャンなどの残存している一時データに、ジョブ終了後、ランダムデータを上書きしてデータを確実に消去します。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.