情報流出対策

2015-09-04

毎週のことですが、一週間はあっという間で早いものですね。

今日は金曜日ということで、今週も今日で最後です。

張り切っていきましょう。

***

新潟市でも導入されますマイナンバー制度の開始が迫ってきました。

皆さん、準備は万全でしょうか?ということで、ネットワーク環境のセキュリティールーター「UTM」のスペック紹介をさせて頂いています。

いよいよ後半戦です。

きっと皆さんのオフィスや事務所の頼もしいパートナーになってくれること、間違いなしです。

昨日は皆さん、一番お困りだったり、疑問に思っているであろう、「迷惑メール対策」と「メールウィルス対策」について紹介しました。

今回は、こちらも気を付けたい、「情報流出対策」についてです。

起きてからは手遅れです。

「知らなかった」、「パソコンはよく分からないから」、では済まされません。

しっかり今後の対策として、ひとつずつ押さえて行きましょう。

それでは、どーぞ。

***

・ファイアウォール+IDP機能

不正侵入からオフィスのネットワークを守ります。
アタックに特化した機能を標準搭載しています。

・情報流出対策

Winnyなどのファイル交換ソフトの通信を監視し、遮断します。
MicrosoftやYahooのメッセンジャーにも対応しています。

マイナンバー制度の導入に伴い、従業員の情報を一括して番号で管理されるようになると懸念すべきは、この「情報流出」です。

ネットワークのセキュリティー対策をしっかりと整え、10月を迎えることをお勧めします。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.