高天井LED

2015-09-28

月曜日です。

今週も始まりましたね。

張り切っていきましょう。

週明けの新潟市の天気は気持ちのいい青空が広がっていますね。

昨日はブルームーンということで、キレイな月が出ていましたが、皆様もご覧になりましたでしょうか?

*****

さて、先週の記事から「LED」について紹介しています。

前回は「LED」とは何なのか?

簡単に紹介と説明をさせて頂きました。

今回は「高天井LED」の紹介を致します。

その名の通り高い天井の場所で効果を発揮する「LED」のことで、主に工場、倉庫、体育館、駐車場、テニスコートなどで取り入れられております。

その中でも口金タイプ(E39対応)、アームタイプ(投光器型、吊り下げ型)、アイボルトタイプの3種類に分けられます。

省エネ&ECOで消費電力と二酸化炭素を最大80%削減し、放熱PC樹脂を採用しており超軽量化にも特化しています。

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

〈口金タイプ〉

「高天上LED250」、「高天井LED400」、「高天井LED700」とそれぞれ250W水銀灯相当、400W水銀灯相当、700W水銀灯相当に値します。

また、器具に合わせて口金の高さが選べます。

180mm、300mm、400mmとあり、300mmのものが標準タイプ、口金タイプには落下防止ワイヤーが属されています。

シリコンパッケージというものを取りつけて頂くと、既存のレフランプホルダーにも対応可能になります。

〈アームタイプ〉

投光器型、吊り下げ型の2つがあります。

次回2種類の紹介をしていきたいと思います。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.