LEDの選べるさまざまなオプション

2015-10-06

今週も始まりましたね。

火曜日の午後いかがお過ごしでしょうか?

新潟市は週末から天気、湿度ともに過ごしやすくなりましたが、今週から朝と夜の気温が急激に低くなり肌を刺すような寒さが訪れましたね。

季節の変わり目は体調管理をしっかりをしていく必要があるので、気をつけます。

*****

さて、前回はLED(発光ダイオード)の種類、製品の特長について紹介しました。

近年、コンビニエンスストア、体育館、テニスコートや駐車場、ゴルフコースなどに多く見られるようになりましたが、省エネ、電気代の削減の他にさまざまなメリットや特徴があることをご理解頂けたかと思います。

今日は選べるさまざまなオプションについて紹介していきます。

『選べるさまざまなオプション』

〈色湿度〉

全部で5000K(標準タイプ)、4000K(オプションタイプ)、3000K(オプションタイプ)の3タイプからお選び頂け、5000Kの標準タイプのものが一番鮮明度が高いタイプになります。

〈配光角〉※透明レンズのみ

それぞれ、配光角が30度、50度、80度、120度の4種類からお選び頂け、標準タイプの配光角は80度になります。

〈レンズ〉

2種類、透明レンズ(標準タイプ)、拡散レンズ(オプション:グレアレス)からお選び頂けます。

また、拡散レンズタイプは配光角が150度となります。

*****

続いて、照度シュミレーションについて解説していきます。

部屋の広さ30m×20m、部屋の広さ6m、作業面の高さ0.85mの場合の数値です。

次回は照明器具を高天井LEDとした測定結果を紹介hしますので、お楽しみに。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.