ビジネスホン設置に関する工事

2020-12-24
ビジネスホンの設置工事の種類と費用相場についてご紹介致します。
まずは、ビジネスホンの設置工事の種類についてです。
ビジネスホンの設置工事は、基本的に3つの工事が行われます。
交換機工事、電話配線工事、電話機設定工事になります。交換機機器工事とは、会社の内線電話や外線電話を接続するため、機内交換機を設置する工事のことです。
この交換機器は主装置とも呼ばれ、回線を複数の電話機に繋ぐ、ビジネスホンの大元となる装置です。

主装置からビジネスホンに配線をしていくので、電源の確保ができる一定のスペースを事前に用意しておきましょう。

次は、電話配線工事についてなります。電話配線工事とは、ビジネスホンの主装置と各電話機を結ぶための配線を取り付ける工事のことです。
オフィスの床やカーペットだけでなく、壁の中を這わせて引っかかりや断線が無いよう取り付けなければなりません。

電話機設置工事とは、オフィスにある電話機の配線を一つずつ接続して設定を行う作業のことを言います。配線を行ったビジネスホンを一台ずつ動作確認を行い問題が無いかを確認致します。
内線・外線が使用できるか、音量や聞き取りづらさはないかなど、工事業者の方と1台ずつ確認してください。
それと見積もり工事内容が明記されているか、アフターフォロー対応があるのかも大事になります。
工事業者の中には、見積もりに工事一式と詳細な工事内容が明記されていないこともあります。
そのため見積もり時に工事内容や料金が項目ごとに記載されているかを確認するのも大切です。
ビジネスホンは設置したら終わりではなく、使っていくうちに不具合が生じるものです。工事契約の前に、サポート内容やアフターフォローが保証されているかも確認は大事になります。
© 2015 Synchronicity inc.