常識を変えるクラウド型ビジネスホン

2021-01-14
本日のブログでも、会社電話の常識を変えるクラウド型ビジネスフォンをお伝えいたします。

専用アプリを入れることでスマホもビジネスホンになります。
スマホに専用アプリをインストールして、内線番号とパスワードを入れれば、会社番号で発着信や保留、転送が可能なビジネスホンになります。
アプリからの発信履歴や通話時間は管理画面でまとめて確認が可能で、通話録音も残ります。アプリからの通話料金は個人負担にならないので、社用携帯以外にも私用スマホを活用することで、社用携帯のコストも削減可能です。

従来の会社電話システムは社内に主装置を設置し、電話線を工事する中で内線を構築していました。
クラウドビジネスホンはこの主装置をクラウド上に構築、ネット環境さえあれば工事なし、短期間で導入が可能になります。
世界中どこでもマルチデバイスで内線構築できる、新しいクラウド型ビジネスホンです。
高額なビジネスフォンの購入・工事は不要で、誰でも簡単に設定が可能になります。

続いてメリットも様々あります。クラウド型なので場所に縛られないです。離れた拠点や社員のスマホも内線化できるので、拠点ごとに主装置を置く必要がなくネット環境だけで、世界中のどこでも同じ会社番号で発着信したり、別拠点にかかってきた着信を本社で受けたり、外出中の社員に社内のように取次もできます。勿論転送ではなく、無料の内線電話なので、通話料金の大幅な削減が可能になります。

次回に続きます。
© 2015 Synchronicity inc.