コードレスビジネスホンのすすめ

2021-01-20
本日は、コードレスビジネスホンについてご説明いたします。
まずは、コードレスビジネスホンには、2種類存在致します。コードレスビジネスホンの種類1つ目は、カールコードレス式のビジネスホンです。
そして、2つ目はコードレス式のビジネスホンになります。

ビジネスホンを選ぶときは、それぞれの特徴をよく理解し、自社のニーズによりマッチする方を選ぶことが肝心です。ビジネスホンの種類ごとの特徴を詳しく解説いたします。

まず、1つ目のカールコードレス式のビジネスホンのカールコードとは、電話の受話器と本体を結ぶ【くるくるコード】のことです。カールコードレスビジネスホンは文字通りくるくるコードがないので、受話器をどこにでも持ち歩けます。本体と受話器の通信は、【Bluetooth】の技術を使っており、障害物があっても10メートル以内なら通信が可能です。

カールコードレス式の本体には普通のビジネスホンと同じ機能が搭載されています。また、受話器の方にもダイヤルボタン、内線ボタン、保留/転送ボタンがあるので、外線、内線の通話と電話の取次の全てが可能です。

次は、コードレス式のビジネスホンについてご説明いたします。
コードレス式のビジネスホンは【アナログコードレス式】と【デジタルコードレス式】の2つに分かれます。

アナログコードレス式はアンテナから300メートル程度のところまで電波を届かせる事が出来ます。使用範囲が広いのがメリットになりますが、電子レンジや蛍光灯などの他の電気製品の影響を受けやすいので、利用環境によっては注意が必要になります。

次回に続きます。
© 2015 Synchronicity inc.