ビジネスホンの用途

2021-03-19
ビジネスホンの移設工事や増設工事をされたい方、特殊な使い方をしたい方、事務所とご自宅が一緒で、なり分けたいなどでお困りの方も、ビジネスフォンを導入することで大体のことは解決できます。ビジネスホンの機能性は家庭用電話機と比べて特質性や機能性が充実していることはもちろん業務における生産性もが上がります。

ビジネスホンには使用台数があらかじめ決められております。業務拡大によるオフィス移転の場合、現在使用している電話機をそのまま移設しても台数が不足する場合があります。逆に、オフィス移転に伴って部署の統合や閉鎖を行う場合には使用しているビジネスホンに余りが生じることもあります。

ビジネスホンには、アナログ回線、ISDN回線、ひかり回線、IP回線があります。従来の回線は、アナログ回線、ISDN回線が主流でしたが、最近はより利便性が高く流動性の高いひかり電話が増えてきています。
光電話であれば、電話回線の配線は不要でLAN回線を接続することによりビジネスホンを利用できるので、ケーブルを簡素化でき、今後の工事の段取りも楽になります。
また、PBXについてもクラウド型のものを利用すれば社内に置く必要が無くなり管理が簡素化されます。

以上のことを踏まえつつビジネスホンの新設工事を行うことがより失敗がなく導入後も快適に使用できると言えます。

必要な電話台数や話数を決めることも後悔しない為に必要なことになります。
導入後に増設や移設の可能性もあるのかどうかも事前に考慮しておくべき点になります。
ビジネスホンの主装置内には基盤があり、必要な台数分を主装置に入れていくのですが、その数には限りがあります。どのメーカーの電話機を利用できるのかなどを決めているのも主装置です。
いざ増設するとなった際に、利用できる電話機を調達できるのかどうか、その際の費用はいくらなのかを含めて事前に確認しておくと後でスムーズにことが運べます。
また、移転の際は今のシステムをそのまま使えるのかなどの検討も必要です。移転の有無で選ぶべきシステムが変わるのかどうかも確認するとトラブルを未然に防ぐことになります。
© 2015 Synchronicity inc.