ビジネスホン、多機能の紹介

2021-07-02
最近のビジネスホンには多彩な機能が付いております。社外から社員のスマホを使って会社番号による通話が掛けられるようになっております。これによって、取引先や顧客の方が電話を受ける際に、安心して受信することが出来ます。また、通話モニターや防犯センサーといったデジタル時代ではニーズの高い高度な機能を備えているビジネスホンも増えています。ビジネスホンの基本的な機能は様々あります。

・外線の機能
着信、発信制御とは、電話会社と契約した電話番号を親番号に設定し、主装置を介して社内の各端末機に子番号を割り振って自動で通信を制御する機能になります。

・内線機能
パーク保留:受けた外線を保留にしても、そのまま電話が使える機能になります。
ただし通話中に掛かってきた通話をパーク保留にすると、他の電話端末で受信できます。
転送:保留の外線を指定の端末へ転送する機能 不在転送といって、外出先の社員への電話もクラウドPBXなどを導入すれば携帯電話などへ転送可能ですし、呼び出しに応じない場合に社内の他の端末へ転送する応答遅延転送などの機能もあります。

・その他の機能
電話帳:各端末のモニターに社用アドレス帳を表示する機能
短縮ダイヤル:端末機に割り振られた番号の他に、短縮番号を設定できる機能がございます。
通話履歴:全ての利用履歴を主装置に記録する機能

これらはビジネスホンの基本機能で、どのオフィスでも日常に利用されている必須アイテムです。
なおこれら機能のうち、どこまでをどのスケールで利用するかでビジネスホンの費用が大きく異なっていきます。
© 2015 Synchronicity inc.