新潟でビジネスホンの増設・専門工事はお任せください

2021-07-16
新潟でビジネスホンの増設についてお話させていただきます。
置型電話機の増設に関しては、置型電話機を今使っている台数より追加で増設するケースです。増設する場合は、ボタン数や特殊機能が変わっても基本的には問題ありません。
ただ、配線方式は現状と合わせる必要があるため、今使っている型番から変わる場合は、事前にお話しいただければスムーズに進みます。
また、ビジネスホンの電話機を使えるようにするためには、データ設置作業と配線作業の2つの工事作業が必要になります。

デジタルコードレスを今使っている台数より追加で増設するケースです。注意すべき点は「デジタルコードレス台数のシステム制限」「アンテナの電波到達範囲」などです。デジタルコードレス電話機の増設の場合には、アンテナの増設をしなければいけないケースも多くあります。できれば事前に、確認しておきましょう。
また、デジタルコードレス電話機を使えるようにするためには、データ設定作業が必要です。この作業はエンドユーザーでは出来ず、プロ工事人によるデータ設定作業が必要となります。
「今使っているアナログコードレス電話機が壊れた」などの理由で、今使っているアナログコードレス電話機と同じ型番の電話機へ交換するケースです。機器上の相性の問題はありません。ただ、アナログコードレス電話機を使えるようにするためには、データ設定作業が必要です。
この作業はエンドユーザーでは出来ず、プロ工事人によるデータ設定作業が必要となります。

NTTビジネスホン電話機の交換・増設の際は、まず交換する電話機の型番が同一かどうかをしっかり確認しましょう。そして、TEN番号を設定するだけで使えるのか、または工事人に依頼する必要があるのかをケース別で確認し、スムーズに交換・増設が行えるようにしましょう。
新潟で、ビジネスホンの工事が必要な際は、お気軽にご相談ください。
© 2015 Synchronicity inc.