ビジネスホンと家庭用電話機の違い

2021-08-17
新潟の皆様、こんにちは。今回はビジネスホンと家庭用電話機の違いについてブログを書こうと思います。まず、ビジネスホンと主装置と呼ばれるメインシステムと電話機端末で構成された、複数の外線と内線を共有できる業務用の電話機のことです。ビジネスホンの主な機能としては、下記の二つが挙げられます。内線を回せる、複数の電話機で対応できる。内線を回すとは、例えば会社にかかってきた電話にAさんが対応したとします。その電話がBさん宛だった場合、Aさんは保留ボタンを押して、Bさんに内線で「C様からBさんにお電話です。」と伝え、Bさんに電話を繋ぐことができます。もし内線の無い家庭用電話機であれば、保留を押したのちにBさんがいるところへ直接足を運び、「C様からお電話です。」と伝え、アナログ的に電話を繋ぐことになります。二つ目の主な機能である、複数の電話機で対応できるとは、電話回線のチャネルを複数契約することによって同じ番号に掛かってきた電話を話し中にするのではなく、他の電話機で電話を取ることで出来ます。会社で使われることを想定して作られているビジネスホンなので、複数の相手から同時に電話が掛かってくることに対応できます。

上記の他にもワンタッチ機能や録音機能など様々ビジネスで使える機能が備わっています。ブログタイトルのビジネスホンと家庭用電話機の違いに関しても内線機能と同時着信が違いとして挙げられますが、一番大きな違いは設置工事があるか無いかです。ビジネスホンは専門の電話工事会社でなければ、設置することが難しいです。会社でビジネスホンの導入をご検討されている方は当社までお気軽にお問い合わせ下さい。
© 2015 Synchronicity inc.