ビジネスホン、回線切り替えの注意点

2021-10-15
本日は新潟で、先日工事の対応でお伺いさせていただいた案件についてお話させていただきます。ビジネスホンをお使いの方で今後回線の切り替えをご検討されるご予定があるお客様のフレッツ光を再度引き直した際に、一度アナログ回線に戻しました。その時に生じる障害の対処方法を簡単にご説明いたします。

まずは代表番号、FAX番号をアナログ回線に、戻した際にFAX回線のみ障害が起きる可能性がございます。送信はできるが受信はできない、受信はできるが送信はできない、もしくはそのどちらも使用できないことがございます。
基本的にはダイヤルではなく、プッシュになりますので時間の経過とともに自動で切り替わります。時間が経過したにも関わらずFAXの送受信ができないのであれば一度再起動を試してみるのも良いかもしれません。
上記の方法で改善されない際は、FAXの配線を確認するのも良いかもしれません。アナログ回線に戻しているため、配線の順番や挿し口が間違えていないのか、単独で引いているのかを確認してください。
次に複合機やプリンター側の設定が必要になるケースもございます。その際は、最初ご購入された販売店さんにご相談してみて下さい。もしくは、複合機の保守メーカー担当者にお問い合わせして頂ければスムーズになります。

続いては、ビジネスホン移行する前に確認するべきことについてです。
今まで家庭用の電話機で対応していたけれど、移転機にビジネスホンに変更するというケースもあると思います。ビジネスホンはオフィス電話機、業務用電話機とも言われています。利用するには主装置の設置が必要になります。

主装置を設置することで外線や内線、内線間を共有できます。ビジネスホンは、一本の電話線で複数の電話機を利用できます。
通常、電話機は一台に対して電話線が一本必要になります。つまり、電話機を10台使用するとしたら、10本の回線が必要になるわけですが、ビジネスホンであれば電話線の本数が少なくなるため、見た目もすっきりしますし危険性も低くなります。
© 2015 Synchronicity inc.