ビジネスホン、主装置との相性

2019-11-16

新潟の皆様こんにちは。

LAN工事、ビジネスホン、複合機の設置、LED取り付け多岐に渡り工事をさせて頂いております。
また、ご不明点や、お困りごと、工事の依頼、ビジネスホン、複合機等の入れ替えをご検討されています方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。
私たちは地域に根差し地域密着型としてお客様のアフターフォロー、お困りごとを解決して微力ながらお客様のお役に立ちご協力させて頂き、そして新潟の地域活性化を目指しています。

何かお力添え出来る事が御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

******

さて今回はビジネスホンについてお話しさせて頂きます。

皆様ご存知の方も大変多くいらっしゃると思いますが、ビジネスホンの簡単な仕組みについてお話していきます。
まず、ビジネスホンは機器を揃えて設置するだけで動くものではありません。【主装置】が必要になります。
ビジネスフォンと主装置は、同じメーカーでないとほぼ正常に動きません。メーカーが同じでもビジネスフォンと主装置には互換性が必要になります。
それから接続についてなりますが、ビジネスホンには接続可能な電話機の数が決まっております。
主装置の中にはユニットという基盤があります。このユニットにより接続できる電話機の数が決まっており、ユニットの接続可能数を超えて電話機の増設をしたい場合は、ユニットの増設が必要になる事もありますので確認をしなければなりません。

ビジネスホンの調子が悪い時は、電話機が壊れているとは限りません。電話機を操作しています大本の【主装置】が破損している事も中にはありますし、どちらも壊れており電話機も、主装置も入れ替えなければならない場合もあります。
ビジネスホンに関しては、一般の家庭用電話機とは違い破損箇所をより精査する必要があります。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.