4月, 2021年

ビジネスホン質問事例⑦IN新潟

2021-04-21
新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただきます。

質問①
最近迷惑な営業電話が多くて困っている。なにか対策できる方法があればアドバイスしてほしい。
回答
ここ最近、迷惑な電話営業がとても多く、このようなご相談が増えております。
迷惑電話な営業電話を防ぐ方法は3つあります。
1つ目はナンバーディスプレイの加入です。こちらはNTTのサービスに加入してもらう必要があります。光電話回線だと月400円、アナログ回線だと1200円で申し込みができます。
2つ目に非通知拒否のサービスです。こちらは非通知でかかってきた電話に対して番号を通知してかけ直してくださいというアナウンスを流し、再度かけ直してもらうことを促す機能です。ナンバーディスプレイとのセットの申し込みとなり、光電話回線だと月400円、アナログ回線だと1000円でのお申し込みができます。

3つ目はビジネスホンの機能となるのですが、一度かかってきた迷惑な営業電話を主装置にワンタッチで登録する機能となり、この電話はお受けできませんというアナウンスが流れ、二度と電話がその番号からかかってこなくすることができます。

電話での悪徳な勧誘や詐欺が増えている昨今、このような機能を駆使して未然に防ぐことがとても大切な時代になってきております。

新潟でビジネスホンのことなら、シンクロニシティーまでお問い合わせください。

新潟でビジネスホン電話工事

2021-04-18
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内のお客様の電話工事に行って参りました。工事内容としては①ADSLから光ファイバーにインターネット回線の変更②主装置の移設工事及び光電話への切り替え工事③架空配線の張り直し④無線LANルーターの増設、この四つの工事を行いました。

工事時間としては三時間程度で工事のトータル費用としては部材を入れて四万円程です。しかしこちらのお客様は光ファイバーの新規引き込みキャンペーンに該当しており、工事費が全て無料で行うことができました。このように当社で行っているキャンペーンで様々な特典を得られる場合があります。時期にも寄りますが、工事費が安くなったり、無線ルーターなどが無償で貰えたりすることがあります。また、工事の際に無駄な通信費の見直しは必ず行うので、工事費は掛かったけど月々の通信費が下がったというケースも少なくありません。初めて訪問させて頂くお客様のほとんどが何かしらの通信費削減ができます。様々なセールを受け、いつの間には必要のないサービスに加入させられたり、無駄な商品を買わされてしまったりしてしまった方は多いです。もし毎月の通信費の中で疑問点があれば当社までご連絡下さい。

上記のお客様はウィルスソフトの契約を二つされており、毎月400円程無駄に支払っておりました。400円は少額ではありますが、毎月支払うものなので長期でみれば大きなコストになります。コロナ過で少しでも経費削減をしたいという企業様が多いと思います。お力になれない場合もありますが、通信費の見直しを検討されている方はお気軽に当社までお問い合わせ下さい。

ビジネスホン、保守契約の種類

2021-04-16
今回はビジネスホンの保守についてお話させて頂きます。
保守契約にも様々ありますが、定額保守契約、スポット契約、災害時のサポートが主にあります。
まずは定額保守契約についてお話させて頂きます。定額保守契約とは、毎月一定の保守料金を支払うことで、故障時に無料で修理を行うことができる保守契約です。

契約内容は、販売店ごとによって様々ですが一般的には最低限の保守を行うサポートか定期的なメンテナンスを含んだ保守と言った感じにいくつかのサポートを用意している場合があります。

次にスポット契約になりますが、スポット契約とはビジネスホンが故障した時、更新作業が必要な時といった具合に何かあった時にその都度連絡を行えば対応してくれる保守契約です。
しかし、定額保守契約とは違い、故障した時の修理費用は、その都度精算する必要があります。そのため、毎月の保守料金は比較的に安くなっています。

販売店によっては、連絡を行えば点検も行ってくれる場合もあります。スポット保守契約で定期的な保守サポートを行ってくれるか否かは、契約前にしっかりと確認しましょう。

災害時サポートとは、地震、火災、落雷などの自然災害が原因で、ビジネスホンが故障した時に対応してくれる保守契約です。
定額保守契約やスポット保守契約より、保守料金が高めに設定されていることが多いですが、自然災害が原因で多い故障に落雷があります。
保守契約の内容には、販売店によって全く異なりますが、定額保守契約やスポット保守契約では、自然災害で発生した故障には対応してもらえない場合もあるのです。
落雷が原因で、ビジネスホンが故障した場合電気系統をダメにすることがあります。そのため、主装置の故障や、ビジネスホン本体が故障して使い物にならないので、料金が、他の保守契約より高くはなりますが、用意されている場合は災害時サポートには加入できるのであればするのがおススメです。

ビジネスホン質問事例⑥IN新潟

2021-04-14
新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただこうと思います。

質問①
ビジネスホンの機能についている防犯セキュリティー機能は、某大手セキュリティーシステムと連動はできるのか?

回答
申し訳ございませんができません。当社が扱っているビジネスホンに搭載されている防犯セキュリティー機能は自主警備のセキュリティーとなっております。警備員の方は駆けつけても逮捕権がないため、現場に行き警察を呼ぶという方法を主に取ります。
その時間を短縮するために発砲を自分の携帯や自宅の電話に設定をして、自ら警察を呼ぶことにより時間を短縮するのが目的となっております。
ビジネスホンに搭載されているのは人感センサーのみとなっておりますので、火災やガス、熱などを探知されたい場合は、同メーカーの防犯セキュリティーシステムがございますのでそちらのご導入をご検討願います。
防犯カメラとの連動もできますので、ご相談いただければ対応させていただきます。
コスト面では、防犯セキュリティーシステムは基本的には毎月のランニングコストは使用している限り永遠に発生します。
ですが当社の防犯セキュリティーシステムはリース期間が終われば毎月のコストは約12分の1に抑えられます。

防犯セキュリティーをご検討されているお客様は当社までお問い合わせください。
どのようなご質問にも丁寧にお答えさせていただきます。

ビジネスホンの障害対応に関して

2021-04-11
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内のお客様からビジネスホンに関して相談の連絡がありました。内容としては時々ビジネスホンが不通になってしまうとのことでした。ご連絡を頂いてすぐに状況確認にお伺いしました。状況としてはビジネスホンだけではなくインターネット及び社内のネットワークも全て普通になっていました。こういった場合はまずルーター関連の機器の点検とLANケーブルの故障チェックを行います。こちらのお客様の場合は上記の確認で機器とLANケーブルの故障ではないことがまず判明しました。その後、パソコン含めネットワークの設定を変更して通信の確認を行います。こちらのお客様は設定変更でネットワーク環境が改善され不通状況を直すことでできました。殆どのケースがここまでで直りますが、それでも直らないケースも稀にあります。原因はその他にも無数に存在しています。しかし一つひとつ可能性潰していけば必ず原因は特定できます。

お客様自身でこういった障害の場合に原因を特定し直すことは、なかなか難しいと思います。このような場合はすぐに取引のある業者に対応してもらい、状況が悪化する前に早めに対応することをお勧めします。そういった取引業者がない方は当社までお気軽にお問い合わせ下さい。ちなみに当社は企業様だけでなく個人のお客様に対して同様のサービスを提供させて頂いております。ですので、個人宅のネットワーク関連、新設、移設など通信関係に関して対応させて頂いております。お困り事やご相談の際はお気軽にご連絡下さい。

ビジネスホンの移転・移設

2021-04-09
オフィス移転に伴う電話移設の流れを、本日ご説明します。
オフィス移設の際に意識してほしいのが、ビジネスフォンはすぐに移設できないという点になります。通信キャリアには電話回線の移設手続きを、工事業者にはビジネスホンの移設工事手配を依頼する必要があり、事前の調整が必要になります。
また、電話回線の移設手続き開始から工事日決定までは約1ヶ月程の期間がかかるケースもあるため、余裕を持ってスケジュールを立てる必要があります。まずは、ビジネスホンを移設する際の流れを解説します。

ビジネスホン利用に適した物件を探すことも大事になります。
まずは、移転先となる物件探しを行いましょう。ビジネスホン移設を考慮する場合は以下の満たす必要があります。

・OAフロア床が2重になり、ネットワーク配線スペースが用意されたフロアである。またはOAフロアに改装できる。
・電源容量が豊富である。
・光回線が利用できる

回線数が制限されている、特定の電話回線が利用できないオフィスも存在するので、利用予定の回線が使えるかは厳重にチェックする必要はあります。

電話回線移設手続きは通信キャリア、ビジネスフォン配置工事は工事業者と別々に申し込みましょう。但し多くの工事業者は電話回線手続きと配線工事を代行できるので、打ち合わせなどの簡略化の為にすべてお任せするのも一つの手になります。
各種手続きの申込みの流れは電話回線の手続きを1か月前、ビジネスホンの手続きを1か月前に行うとスムーズに進みます。電話回線の工事日決定には1ヵ月ほどの時間がかかるので、先に申込めばスケジュールが調整しやすい為です。電話回線配線はオフィス移設の前日、ビジネスホンの工事日はオフィス移設当日に設定するのが一般的となっています。IP電話の場合は、インターネット回線開通手続きも必要なので注意しましょう。

ビジネスホン質問事例④IN新潟

2021-04-07
新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただこうと思います。

質問①
新潟で営業している会社です。ビジネスホンの入れ替えを検討している。購入するに当たりリースで契約するのと現金で契約するのはどちらの方がお得か。

回答
リース契約と現金契約の違いは大きく分けて三つあります。一つ目はリース契約の際には動産総合保険に同時加入となっておりますので、落雷や火災などの天災時に保証が効きます。二つ目は資産計上されませんので経費として計上できます。そして三つ目の一番大きなメリットは毎月の支払額を少なく抑えられることです。
基本的には5年以上ご使用になるのが前提の契約となられますので、長くお使いになられることが前提の契約となります。
現金契約の大きなメリットは金利がかからないので総支払いが安く抑えられます。ただ販売店によって、保守料金は別途毎月かかる可能性がございますのでお気を付けください。
当社シンクロニシティーで購入していた際には、7年保守は無償でついてきます。

お客様の使用状況や今後の営業方針により、リースでのご導入と現金でのご導入をご検討されるのがよいかと思われます。

現金購入、リース契約をご検討されているお客様は当社までお問い合わせください。
どのようなご質問にも丁寧にお答えさせていただきます。

新潟でビジネスホンのメンテナンス

2021-04-05
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内でビジネスホンの入れ替え工事を行いました。ビジネスホンはお客様が中古で購入されており、その中古ビジネスホンを既設の電話機と入れ替えてほしいというご依頼でした。当社ではビジネスホンの販売も行っておりますが、工事のみというご依頼も多いです。今回工事させて頂いたお客様は今までのビジネスホンは電話機5台までしか接続できないビジネスホンで、この春から2人の新入社員が入社するためビジネスホンを増やしたいので主装置も入れ替えたいというご要望でした。こちらのお客様は入れ替え工事だけではなく、今後のアフターフォローもお願いしたいということで、当社で行っている保守メンテナンスサービスにもご加入頂きました。

ビジネスホンのメーカーや販売店の関係で保守メンテナンスを行う業者を探すことに苦労されるケースがあります。ビジネスホンの販売店が倒産してしまった上にマイナーなビジネスホンを使っている場合にその問題に直面することがあります。当社は様々なニーズに応えられるように柔軟に対応することを心がけております。残念なことに連絡も引き継ぎもなく倒産してしまうビジネスホンの販売店は少なくありません。そういった場合は当社までご連絡下さい。問題解決に対して誠意を持ち出来る限り行わせて頂いております。尚、ビジネスホンのアフターフォローに関してですが、保守業者が分からない場合は故障する前に事前準備として保守業者を決めておくことをお勧めします。先ほどもお伝えした通り、業者によってできる、できないがあるので、故障してから慌てないように故障する前から対応業者を決めておくべきだと思います。

ビジネスホンの工事依頼に関して

2021-04-02
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内でビジネスホンの入れ替え工事を行いました。ご依頼としては中古のビジネスホンをネットショップで購入したので、入れ替え工事だけお願いしたいというものでした。工事前に下見をされて頂いた際に主装置内のユニットがISDN用の物だったため、光電話対応のアナログユニットと構内放送用のユニットを当社で準備させて頂きました。

中古のビジネスホンは状態が良いものでも安価なものが市場に出ています。新品に拘らずに、安価な物を希望されている方は中古もおすすめです。注意点としては購入物件の状態が専門家ではないので、善し悪しが分からないという点と、中古のビジネスホンの工事や修理などの保守を見てくれる当社のような電話工事業者をあらかじめ当たっておく必要があるという点です。

中古ビジネスホンの保守や工事をしっかりやってくれる業者がいるのであれば、中古ビジネスホンは良いと思います。状態の良いものであれば中古だとしても長く使うことができます。お客様の用途や経営方針に応じて新品が中古を選択されて良いと思います。

当社では新品、中古に拘わらずご依頼を頂ければご対応させて頂いております。他社で導入されたビジネスホンであったとしてもご依頼があればこちらもご対応させて頂きます。また、3月はご移転が多くなり、4月は人事異動などで、通信環境の工事依頼が多くなります。お客様のご希望の日程で調整させて頂くために、早めのご依頼を頂けるとありがたいです。通信設備に関してご質問やお困りごとの際はお気軽に当社までお問い合わせ下さい。
© 2015 Synchronicity inc.