7月, 2021年

新潟ビジネスホン落雷故障の原因・対応

2021-07-29
新潟の皆様こんにちは、最近天気が悪い日が続いております。天気が崩れますと、よくあるトラブルが落雷によるトラブルです。
今回は落雷による原因と対策をご説明させて頂きます。落雷がビジネスホンに影響を与える原因は2つあります。

落雷がビジネスホンに与える影響で1つ目に多い原因は、直撃雷になります。直撃雷とは建物などに直接雷が落ちることで過電流が電気系統に侵入することになります。
2つ目に多くある原因が、誘導雷になります。電話線などを伝わって過電流が電気系統に侵入することです。
上記2つの原因は、どちらも過電流が、何らかの経路から電気系統に侵入することで起きています。
建物に雷が落ちるのは稀なので、ほとんどの原因は誘導雷になります。誘導雷の場合、他の建物や近くの物に雷が落ちた時に、その高圧電流が電話線やコンセントから侵入するために起きています。

ビジネスホンの場合、家庭用の電話機とは違い【主装置+電話機】の組み合わせで構築されています。落雷の影響は、ビジネスホンを構成する3つの機器全てに影響を与えます。主装置の場合、高圧電流が入り込んでしまうと中の基盤が焼け付いてしまいます。主装置が壊れてしまうとビジネスホンの機能は全て使えなくなってしまいます。業務に大きな影響を与えるのはもちろん、重度の故障になれば、主装置を丸ごと交換・設置しなくてはなりません。
主装置に繋がっている電話機やパソコンには、発着信履歴をはじめとした業務に深く関わるデータが保存されています。基盤が焼き付けば、当然これらのデータもなくなってしまいます。故障が軽度な場合であればデータの復旧もできますが、重度の故障だとデータ復旧も難しくなります。
サンダーカットは、ビジネスフォンの主装置などの根幹を担う機器に使える落雷対策になります。誘導雷を避雷針へ誘導しつつ、耐圧トランスで遮断する仕組みになっています。二段構えの仕組みで高圧電流を遮断してくれるので、信頼度の高い落雷対策が可能になります。

1つの機器で電話線などの通信線とコンセントなどの電話線から侵入する電流を遮断できます。

ビジネスホン質問事例⑱IN新潟

2021-07-27
新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただきます。

質問①
ビジネスホンを2台使用しております。
後日移転を控えておりますが、その際にビジネスホンを取り外して新しい事務所に取り付けるのを業者さんではなく自分で出来る方法はありますか?

答え
電気工事の資格をお持ちの方でもビジネスホンの設置は難しいかと思われます。取り付けることはできてもNTTの回線との接続や、ビジネスホンの設定はかなりの専門的知識と経験が必要です。
経費を削減されたい気持ちはわかりますが、専門の業者にご依頼されることをお勧めします。

質問②
ビジネスホンの液晶に電池切れという文字が表示されています。特に使用していても問題はないのですがこのままでもよろしいでしょうか?

答え
一度見てみないと断言はできませんが、おそらく主装置の中に入っている停電用バッテリーの電池が切れかけているのかと思われます。こちらの電池はアナログ回線やISDN回線でしたら停電時にも電話ができますが、光電話になっていると不必要ですので、状況によるかと思われます。一度専門の業者にお願いして見ていただくのをお勧めいたします。

ビジネスホンは特殊な機械となりますので、専門の工事業者にトラブルが起きた場合は問い合わせすることをお勧めします。
新潟でビジネスホンのことでしたら当社までお問い合わせください。

ビジネスホンの落雷故障

2021-07-20
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内で電話工事を行いました。先日の落雷でドアホンが鳴らなくなったとご相談を頂きました。主装置の外付けのドアホンアダプターが落雷によって故障したことが原因でした。こちらのお客様は昨年も落雷によって同じようにドアホンが故障していました。落雷が通信機器に与える影響としては二通りあります。一つ目は直撃雷です。こちらは建物などに直接雷が落ちることによって大量の電流が電気系統に侵入することです。二つ目は誘導雷です。こちらは電話線などを伝わって大量の電流が電気系統に侵入することです。二つとも過電流が電気系統に侵入することで起きます。しかし、建物に直接雷が落ちる可能性はかなり低いので、実際の原因はほとんど誘導雷となります。

落雷の故障から通信機器を守る方法として、落雷対応機器の導入がお勧めです。これらの機器は電話線やコンセントにバイパスを繋ぎ、過電流を逃がすことで、大量の電流が機器に流れ込まないようにする仕組みになっています。落雷対応機器は購入費と設置費を合わせても二万円前後で導入できます。

上記のような落雷対応機器を導入されていない方は落雷時、コンセントを抜きブレーカーを落とすことをお勧めします。こちらであれば物理的に外から入り込んだ雷が通信機器へ向かわないようにできます。しかし、こちらの方法では落雷が収まるまで業務を止めることになってしまいます。雷が多い時期は業務効率を大幅に下げてしまうことになります。ですので、私は落雷対応機器を導入することをお勧めします。100%ではありませんが、直接雷でなければ通信機器をほぼ守れると思います。

これから雷が多い時期になります。大切な通信機器を守るためにしっかりと対策、事前準備をすることをお勧めします。

ビジネスホンの増設は専門工事

2021-07-16
新潟でビジネスホンの増設についてお話させていただきます。
置型電話機の増設に関しては、置型電話機を今使っている台数より追加で増設するケースです。増設する場合は、ボタン数や特殊機能が変わっても基本的には問題ありません。
ただ、配線方式は現状と合わせる必要があるため、今使っている型番から変わる場合は、事前にお話しいただければスムーズに進みます。
また、ビジネスホンの電話機を使えるようにするためには、データ設置作業と配線作業の2つの工事作業が必要になります。

デジタルコードレスを今使っている台数より追加で増設するケースです。注意すべき点は「デジタルコードレス台数のシステム制限」「アンテナの電波到達範囲」などです。デジタルコードレス電話機の増設の場合には、アンテナの増設をしなければいけないケースも多くあります。できれば事前に、確認しておきましょう。
また、デジタルコードレス電話機を使えるようにするためには、データ設定作業が必要です。この作業はエンドユーザーでは出来ず、プロ工事人によるデータ設定作業が必要となります。
「今使っているアナログコードレス電話機が壊れた」などの理由で、今使っているアナログコードレス電話機と同じ型番の電話機へ交換するケースです。機器上の相性の問題はありません。ただ、アナログコードレス電話機を使えるようにするためには、データ設定作業が必要です。
この作業はエンドユーザーでは出来ず、プロ工事人によるデータ設定作業が必要となります。

NTTビジネスホン電話機の交換・増設の際は、まず交換する電話機の型番が同一かどうかをしっかり確認しましょう。そして、TEN番号を設定するだけで使えるのか、または工事人に依頼する必要があるのかをケース別で確認し、スムーズに交換・増設が行えるようにしましょう。
新潟で、ビジネスホンの工事が必要な際は、お気軽にご相談ください。

ビジネスホン質問事例⑰IN新潟

2021-07-14
新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただきます。

質問①
ビジネスホンを使用しております。1か月前からドアホンを押してもビジネスホンに連動しなくなってしまいました。原因は分かりますでしょうか?

答え
ドアホンの故障の原因は2つ考えられます。一つはドアホン本体の故障。もう一つ考えられるのはビジネスホンの主装置のユニットの一つのドアページングユニットの故障です。このユニットはドアホンと主装置をつなぐユニットとなっており、最大3台までドアホンがつなげるユニットとなっております。一度見させていただきどちらに問題があるかを判断して、対応いたします。

質問②
ビジネスホンを掃除の為に一台だけしばらく線から外していたのですが、線を入れなおしてもビジネスホンの液晶が全く付きません。壊れてしまったのでしょうか?

答え
よくあるご質問なのですが、メーカーによっては一定時間ビジネスホンを取り外すと漏電による火事を防ぐために配線からの電力の流れを止める機能がついております。
設定ですぐに解除できますので、設定方法が分からなければご連絡ください。


ビジネスホンは特殊な機械となりますので、専門の工事業者にトラブルが起きた場合は問い合わせすることをお勧めします。
新潟でビジネスホンのことでしたら当社までお問い合わせください。

新潟でビジネスホンや複合機のリースに関して

2021-07-12
新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市内で割烹を経営されているお客様の複合機の入れ替え工事を行いました。こちらのお客様は複合機を含めてビジネスホンとLEDも他社販売店様から導入されておりました。しかしそちらの販売店様は販売した後のアフターフォローが全くないこととリース料が高額だった為、お客様がその販売店様に対して不信感を持たれておりました。当社から通信機器は導入していなかったのですが、数年前から定期的に訪問させて頂いておりました。

今回、複合機を当社で入れ替えさせて頂いた経緯は複合機のリース満了月が残り5ヶ月ということで、以前の販売店様から複合機のご提案があったとご連絡を頂きました。そちらの販売店様のご提案書を拝見させて頂いたのですが、複合機を入れ替えるメリットは多くなく、これであれば再リースを選択され故障の際の保守はスポットで行った方がメリットはあるように見受けられました。

お客様のニーズを再度伺い、このタイミングで新しい複合機入れ替えた場合とリースを満了させて再リースにした場合のメリットとデメリットを伝えさせて頂きました。お客様のご判断としては金銭面では再リースを選択されて方がメリットはあったのですが、今回はありがたいことに当社と付き合うことにメリットを感じて頂き、ご契約を頂けることになりました。

お客様が一番最善の選択できるように正しい情報を伝えて後悔する選択をさせないようにしたいと考えております。通信機器に関してお困りごとやご相談がある方はお気軽に当社までご連絡下さい。

新潟市でオフィス移転、ビジネスホンの設定はお任せください

2021-07-08
本日は前回の続きで、ビジネスホンの移設・増設についてお伝えします。
オフィスの、移設先が決まったうえでレイアウトは必要になります。その際のポイントを簡単にご説明いたします。
・主装置をどこに配置するか クラウドPBXの場合は必要ありません。
・社員の動線や作業をするスペースが確保されているか
・ケーブルがしっかり収まっていて、邪魔にならないか

使いやすいビジネスホンの環境は何かを考えながら、案を完成させましょう。完成したレイアウト案は、工事業者と打ち合わせしながら修正やアドバイスができます。

次に電話回線とビジネスホンの移設手続きです。レイアウト案が固まれば、電話回線とビジネスホンの移設手続きを開始します。電話回線移設手続きは通信キャリア、ビジネスホン設置工事は分けるのがお勧めです。ただ、弊社では、電話回線移設手続きと配線工事を代行しますので、打ち合わせなどの簡略化のためにすべて任せることもできます。

各手続きのお申し込みは電話回線の手続きを1ヶ月半前、ビジネスホンの手続きを1ヶ月前に行うとスムーズに進みます。電話回線の工事日決定には1ヶ月ほどの時間がかかるので、先に申し込めばスケジュールが調整しやすいです。電話回線配線はオフィス移設の前日、ビジネスホンの工事日はオフィス移設当日に設定するのが一般的になっております。

工事日当日の移設の流れを簡単にご説明いたします。
電話配線設置、ビジネスホンと主装置を撤去し新オフィスへ移設、デスクなどの搬入をし、電話回線ケーブルを主装置に収容して開通試験を行う、最終動作確認後、工事完了になります。
複数の業者が作業を行うため、最終動作確認の際にはビジネスホン利用に支障がないか入念にチェックすることがベストです。
オフィス移転の際は、ビジネスホン設備の見直し・工事計画の作成・工事業者への手続きなど、様々な作業が必要です。

オフィス移転、ビジネスホンの注意点

2021-07-06
オフィス移転に伴うビジネスホンの移設、引っ越しの際に、必ず行うべきなのがビジネスホンの移設です。レイアウトの決定・電話プランの見直し・工事業者との打ち合わせなどを行い、業務に支障をきたさない電話網を構築する必要があります。移設の流れ・ポイント注意点をご説明していきたいと思います。

オフィス移設の際に意識していただきたいのが、ビジネスホンはすぐには移設できないという点になります。通信キャリアには電話回線の移設手続きを、工事業者にはビジネスホンの移設工事手配を依頼する必要があり、事前の調整が重要になります。

また、電話回線の移設手続き開始から工事日決定まではおおよそ1ヶ月ほどの期間がかかるケースもあるため、余裕を持ってスケジュールを立てる必要があります。まずはビジネスホンを移設する際の流れを説明いたします。

ビジネスホン利用に適した物件を探すことが最初、必要になります。
まずは、移設先となる物件を探しましょう。ビジネスホン移設を考慮する場合は以下の条件を満たしている必要があります。

・OAフロア床が2種となっており、ネットワーク配線のスペースが用意されているフロアである、またはOAフロアに改装できる。
・電源容量が豊富である。
・光ファイバー回線が利用できることが必要になります。
回線数が制限されている、特定の電話回線が利用できないオフィスも存在するので、利用予定の回線が使えるのかは厳重にチェックしてください。

次にレイアウトも必要になります。物件が決まった後は、ビジネスホンのレイアウトを考えます。工事業者にすべて任せることもできますが、オフィスで働く社員の意見を取り入れたほうが、完成度が増します。専門知識や難しい図面は不要で、レイアウト図にパソコン・主装置・ビジネスホンの配置場所を決める必要があります。

レイアウトのポイントや電話回線とビジネスホンの移設手続きは次回、説明いたします。

ビジネスホン、多機能の紹介

2021-07-02
最近のビジネスホンには多彩な機能が付いております。社外から社員のスマホを使って会社番号による通話が掛けられるようになっております。これによって、取引先や顧客の方が電話を受ける際に、安心して受信することが出来ます。また、通話モニターや防犯センサーといったデジタル時代ではニーズの高い高度な機能を備えているビジネスホンも増えています。ビジネスホンの基本的な機能は様々あります。

・外線の機能
着信、発信制御とは、電話会社と契約した電話番号を親番号に設定し、主装置を介して社内の各端末機に子番号を割り振って自動で通信を制御する機能になります。

・内線機能
パーク保留:受けた外線を保留にしても、そのまま電話が使える機能になります。
ただし通話中に掛かってきた通話をパーク保留にすると、他の電話端末で受信できます。
転送:保留の外線を指定の端末へ転送する機能 不在転送といって、外出先の社員への電話もクラウドPBXなどを導入すれば携帯電話などへ転送可能ですし、呼び出しに応じない場合に社内の他の端末へ転送する応答遅延転送などの機能もあります。

・その他の機能
電話帳:各端末のモニターに社用アドレス帳を表示する機能
短縮ダイヤル:端末機に割り振られた番号の他に、短縮番号を設定できる機能がございます。
通話履歴:全ての利用履歴を主装置に記録する機能

これらはビジネスホンの基本機能で、どのオフィスでも日常に利用されている必須アイテムです。
なおこれら機能のうち、どこまでをどのスケールで利用するかでビジネスホンの費用が大きく異なっていきます。
© 2015 Synchronicity inc.