スイッチングハブの利用で業務向上化

2020-02-29

新潟の皆様こんにちは。

さて、今週もLAN工事、ビジネスホンの設置工事とご対応させて頂きました。
新型コロナウイルスに負けず、弊社では、工事や対応を精一杯取り組んでいきたいと思っております。

***********

皆様スイッチングハブをご存じでしょうか。インターネットを利用する環境において、ケーブルの集線および中継を行う機器をスイッチングハブと言います。
LANスイッチ、ネットワークスイッチとも言われることもあります。
スイッチングハブを利用する上でのメリットとしては大きく2つの導入メリットがあります。

ひとつめは、複数のネットワーク機器に接続できる点です。会社や事務所など、多くの人が働く企業でよく利用されていますが、最近では家庭での需要も高まっています。

パソコンを複数台使用するのも珍しくない時代です。パソコンだけではなく、プリンタなどの周辺機器などもネット接続できるようになっています。
こうしたネット環境を整える為に、スイッチングハブが効果的です。

もう一つは、スイッチング機能です。従来のハブでは、接続したポート全てにデータを送信していました。複数のポート間での同時通信ができず必要以上にデータが送られていた為、通信速度を大幅に低下させる原因になっていました。

しかし、スイッチングハブには、スイッチング機能という送信先のポートを自動で認識して目的のポートだけに送る機能を装備しております。
これにより、無駄なデータ転送がなくなり通信がスムーズになりました。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.