プリント & コピー機能

2015-07-22

今日の新潟市も昨日に引き続き、灼熱の暑さとなりそうですね。

繰り返しになりますが、熱中症には十分注意しましょう。

***

さて、TOSHIBA複合機【e-STUDIO2050c】のさまざまな機能を紹介しております。

今日は昨日の続きの、「プリント & コピー機能」です。

・プライベート印刷/ホールド印刷

印刷したデータが複合機内に一時的に蓄積され、ユーザーがタッチパネル上で出力調査をすることで印刷される機能です。ユーザーが出力操作をするまで印刷はされないので、他人に見られたくない機密文書を出力するときなどに便利です。

・ジョブスキップ

用紙切れ等で止まった場合でも、待機ジョブの印刷条件が整っている場合、停止しているジョブを追い越して印刷ができます。

※用紙切れで補充している間でも、その用紙以外のジョブを順次出力。
※オプションで「ハードディスクキット」が必要です。

・ユニバーサルプリンタドライバー

複数台の東芝複合機をご利用の場合や、異なる機種の東芝複合機に置きかえる場合でも、同じプリンタドライバーを使用することができます。
プリンタードライバーを再インストールする手間が省けます。

・省電力性能がアップ

低温融解トナーとLEDプリントヘッドなどの採用により、標準消費電力量を1.503kWhに抑えました。

・スリープ復帰時間大幅短縮

スリープモード(節電機能)からの復帰が素早いため、頻繁に利用しても快適な環境を維持します。

明日はペーパーハンドリング機能について、ご案内します。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.