10月, 2015年

わかりやすい操作性

2015-10-26

さて、皆さん、月曜日ということで今週も始まりました。

10月最後の週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

当社シンクロニシティーでは、イベント事業部の方で今年を締めくくるバーベキューイベントと、婚活パーティーを開催させて頂き、ご好評を頂きました。

早いもので10月も今週で終了、週が明けるのと同時に11月に突入します。

もうすっかり寒くなり、自宅では暖房を入れて寝るようになりました。

これからさらに寒くなりますので、体調管理には気を付けていきたいですね。

*****

そして、フルカラーデジタル複合機【MFX-C3400】の紹介の続きです。

前回はワークスペースの効率アップ、操作を音声で案内してくれる音声ガイダンスについてお伝えしました。

今回は誰でも使いやすく、分かりやすい操作性について解説していきます。

【MFX-C3400】はわかりやすいアニメーション、操作しやすい画面構成で、見やすさと使いやすさにこだわった高機能タッチパネルディスプレイを搭載しています。

ハードキーを最小限にとどめ、こちらも操作しやすい5.8インチタッチパネルディスプレイを採用。

短縮ダイヤル登録や各種設定なども画面に表示された機能キーを指で直接触れることにより、操作することができます。

また、これまでのお客様からのご意見を取り入れた設計とアニメーションによるガイダンス表示を数多く採用し、直感的な簡単操作を可能にしました。

*****

次回はいつもの操作をボタンが覚えてくれるジョブメモリについて紹介します。

オフィスワークを軽快にするコンパクト複合機

2015-10-13

皆様、3連休いかがお過ごしだったでしょうか?

当社では、イベント事業部の新潟社会人サークル【INFo boAT】での飲み会イベントがあり、皆様に楽しんで頂けたようです。

昨日から冷たい雨が降り続き、新潟市の気温はぐっと下がりましたが、風邪など引いていないでしょうか?

より一層、体調管理に気を配らないといけなくなりますので、皆様もお気を付け下さい。

*****

先週まででLEDの導入のご案内、導入した場合のメリット、さまざまなオプション、それぞれの製品の特長を紹介してきましたが、少しはイメージして頂けたでしょうか?

実際にすでに導入されているコンビニエンスストアや駐車場などがあれば見て頂き、どんなものか体感して頂ければと思います。

*****

そして、今回から取り上げさせて頂きますのは、「フルカラーデジタル複合機」です。

皆様のオフィス、事務所では現在、どのような複合機をお使いでしょうか?

もしくは、複合機ではなくコピーやFAXなどさまざまな機能を分けて使っていらっしゃる方も多いと思います。

今回からは、そんな「複合機」の利点や、導入事例、機能紹介などを皆様にご確認頂ければと思います。

ご紹介する機種は、ムラテック「MFX-C3400」です。

コンパクトなサイズが売りなこちらの機種は、オフィスワークを軽快にする使い心地を目指し、横幅578mmというボディーを実現しました。

フルカラーコピー、プリンター、スキャナー、スーパーG3 FAX、を一台にオールインワンに集約しています。

LEDの選べるさまざまなオプション

2015-10-06

今週も始まりましたね。

火曜日の午後いかがお過ごしでしょうか?

新潟市は週末から天気、湿度ともに過ごしやすくなりましたが、今週から朝と夜の気温が急激に低くなり肌を刺すような寒さが訪れましたね。

季節の変わり目は体調管理をしっかりをしていく必要があるので、気をつけます。

*****

さて、前回はLED(発光ダイオード)の種類、製品の特長について紹介しました。

近年、コンビニエンスストア、体育館、テニスコートや駐車場、ゴルフコースなどに多く見られるようになりましたが、省エネ、電気代の削減の他にさまざまなメリットや特徴があることをご理解頂けたかと思います。

今日は選べるさまざまなオプションについて紹介していきます。

『選べるさまざまなオプション』

〈色湿度〉

全部で5000K(標準タイプ)、4000K(オプションタイプ)、3000K(オプションタイプ)の3タイプからお選び頂け、5000Kの標準タイプのものが一番鮮明度が高いタイプになります。

〈配光角〉※透明レンズのみ

それぞれ、配光角が30度、50度、80度、120度の4種類からお選び頂け、標準タイプの配光角は80度になります。

〈レンズ〉

2種類、透明レンズ(標準タイプ)、拡散レンズ(オプション:グレアレス)からお選び頂けます。

また、拡散レンズタイプは配光角が150度となります。

*****

続いて、照度シュミレーションについて解説していきます。

部屋の広さ30m×20m、部屋の広さ6m、作業面の高さ0.85mの場合の数値です。

次回は照明器具を高天井LEDとした測定結果を紹介hしますので、お楽しみに。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.