5月, 2020年

プリンターでコスト削減

2020-05-29

新潟の皆様こんにちは。

全国で緊急事態宣言も解除され営業再開やこれまで時短営業されておられた、サービス業が通常営業になり、自粛疲れも重なり、気の緩む時期になりますが、新型コロナウイルスに感染しない為にも、今一度予防の徹底をして参りたいと思います。

さて、今週はLAN工事、ビジネスホンの工事、設置対応をさせて頂いておりました。
弊社は、電話工事、設置の他にも、毎月掛かかる固定経費の削減をお手伝いさせて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

***********

弊社では、プリンターの設置や導入などのご依頼は非常に多い商材になります。
そんなプリンターについて今回はご説明させて頂きます。
ご存知の方も多いと思いますが、プリンターには大きく分けてインクジェットプリンターとレーザープリンターの2種類ございます。
主にインクジェットプリンターは、家庭、レーザープリンターは企業で使われることが多いです。プリンターを使用する頻度や用途でそれぞれ得意とするプリンターが異なります。

初めに、インクジェットプリンターとは簡単に言えば、インクを直接用紙に噴きつける事で印刷するプリンターになります。インクに圧力や熱を加えて「微粒子」に変えることで吹き付けによる印刷を実現しています。
性能面における大きな特徴は、色の再現性が高いことです。その反面、普通用紙を使ってカラー写真を印刷すると色が滲む場合があります。また、印刷にかかる時間も、レーザープリンターと比べて長い時間を必要とします。

次にレーザープリンターになります。性能面での大きな特徴は、印刷速度が速い点になります。そして色が滲まないので、カラー印刷でも普通用紙が使えることもメリットになります。また、噴出したインクよりも転写したトナーの方が、その定着性も高いことから印刷の耐久性も良いことも大きなメリットになります。
一方で、インクを直接噴きつけるインクジェット方式に比べて、繊細な色の再現度は低くなります。ビジネスシーンで多く利用する、モノクロ印刷の場合は、その効果が高いと言えます。一方で本体価格が高いので、イニシャルコストが高いこと、カートリッジといった部品が高い為メンテナンスの際のコストが高くなってしまう点がデメリットになります。

ウォーターサーバーの利便性

2020-05-23

新潟の皆様こんにちは。

全国で緊急事態宣言が続々と解除されてきております。サービス業の営業時間緩和や少しずつではありますが、今までの日常に戻りつつあります。ただ、まだ第2波3波と感染拡大、クラスターもあり得るので気を緩めずに今まだ以上に弊社も徹底していきます

さて、今週はLAN工事、ビジネスホンの設置対応もさせて頂いた他に、最近では、LED、防犯カメラ、体温感知器等の商材のお問い合わせを多く頂いております。
最近の世の中の動きとしては、経費削減や防犯に関するニーズが飛躍的に上がっております。体温感知器も世の中の流れに合わせて多く出ている商材になっております。

***********

現在新型コロナウイルスが世界中に猛威を振るっている中で、安心、安全な飲料水を求めて、ウォーターサーバーも売れております。
前回の続きになりますが、ウォーターサーバーのメリットとデメリットをご紹介致します。
今回はウォーターサーバーのデメリットについて掘り下げてお話し致します。
1つ目は、ご存知の方も多いと思いますが、当然ペットボトルの水や浄水器より費用が高いです。お財布のことだけを考えるのであれば、ペットボトルの水を買った方がコストパフォーマンスは良いかもしれません。しかし、ウォーターサーバーには必要な時にすぐにお湯を使える、重たい水を購入して持ち帰らずに済むなどのメリットがあります。

2つ目は、置き場所に困るということです。ウォーターサーバーを置くことで、多少なりとも生活スペースは圧迫されてしまいます。
ただ、現在のウォーターサーバーは昔のウォーターサーバーとは違いスリムになっており、中にはA4用紙1枚分のスペースがあれば置ける機種や、卓上タイプもあります。

3つ目は、ボトル交換やメンテナンスの手間がかかることです。ウォーターサーバーは水が無くなればボトルを交換しなくてはなりません。
一般的なウォーターサーバーは、1本12Lになりますので、それをウォーターサーバーの高い位置まで持ち上げ交換する必要があります。力の弱い方や高齢者にとっては負担が大きくなるかもしれません。それについて心配のある方は、ボトルを足下に設置する下置きタイプもございますのでご安心下さい。

ウォーターサーバーの取り扱いもしております

2020-05-16

新潟の皆様こんにちは。

先日、緊急事態宣言が解除されました。これから通常営業になる業種も増えていくことになると思いますが、まだまだ油断せず、感染予防の徹底をしていきましょう。

弊社では、リース料見直し、経費削減、ビジネスホン設置工事や導入、LAN工事を請け負っておりますので、お客様の中で、お困り事やご依頼がありましたら、弊社までお問い合わせ下さい。

***********

さて、現在新型コロナウイルスが世界中に猛威を振るっている中で、安心、安全な飲料水を求めて、ウォーターサーバーが売れております。
簡単にウォーターサーバーのメリットとデメリットをご紹介致します。

まず1つ目のメリットとしましては、安心で安全のおいしい水がいつでも飲める点になります。上下水道がしっかり管理整備されている日本は、水道水の品質も非常に良い事で知られていますが、水道水には消毒の為に塩素が使用されていたり、住宅環境によっては水質が低下したりと、100%信頼しきれない部分もあります。飲料水はペットボトルの水を購入しているという方も少なくありません。

そして、2つ目は、冷水と温水が欲しい時にすぐ使える点です。ほとんどのウォーターサーバーには、冷水用と温水用のレバーが設置されております。わざわざお湯を沸かさずにコーヒーやお茶などを入れられます。

3つ目は水を購入する手間を省けるというメリットになります。重たいペットボトルの水を、買い物のたびに買って運ぶのは意外と重労働です。買いだめしたくても一度に運べない為、頻繁に買いに行くという人も多いと思います。この点、ウォーターサーバーなら定期的に配達事業者が玄関まで必要な量のペットボトルを運んでくれるため、自分で重たい水を運ぶ必要も、注文し忘れる可能性もありません。

4つ目のメリットは、災害時の備蓄水として活用できるということです。地震などの大きな災害が起きると、水道管が破損して水道を使えなくなるケースもあります。万が一の事態に備えて備蓄しておかなければなりません。ウォーターサーバーがあれば水道が止まっても問題なく使える為、わざわざペットボトルの水を備蓄しなくても災害時に活用することが出来ます。

次回に続きます。

防犯カメラで会社の防犯対策

2020-05-09

新潟の皆様こんにちは。

ゴールデンウィークが終わりまた新たな気持ちで仕事をスタートさせて行きたいと思っております。長い自粛期間になりますが、新型コロナウイルスが終息するときまで一丸となって頑張っていきましょう。

さて、今週はLAN工事、ビジネスホンの設置対応させて頂きました。最近弊社で特に動きがある商材がギガらくWi-Fiになります。テレワーク、在宅勤務が増え、Wi-Fiを導入し制限なく使いたい方が増えてきていることもあり、今特に増えてきております。もし今後Wi-Fi環境が必要になる方や、ご検討されておられる方がいらっしゃいましたら、弊社までご連絡下さい。

***********

防犯カメラの導入は生産性を上げるためのツールとしても多くの企業が現状導入されておりますが、今回は防犯カメラのセキュリティ、安全面や利便性をお話させて頂きたいと思います。

ネットワークカメラの大きな利点として、セキュリティに優れていることも挙げられます。一般的な防犯カメラの場合は、カメラもしくはカメラの近辺に設置した録画機に映像を保存します。そのため防犯カメラ自体を破壊されSDカードを抜き取られたり、録画機を盗まれるなどの被害にあった場合、当然ながら映像を確認することも出来なくなります。

ネットワークカメラの場合は、防犯カメラと離れた場所に録画機を設置することも可能ですし、クラウド保存した場合は録画機を盗まれる心配すらありません。その為、万が一、防犯カメラを破壊されたとしても犯行直前までの映像をきちんと記録することが出来ます。
さらにクラウド保存の映像データは、通常暗号化された状態で通信を行うので、情報漏洩の危険性は極めて低くなります。これによってセキュリティ面でも大きなメリットがあります。

従来のアナログカメラと比べ、ネットワークカメラはインターネットを介する事が可能なので、インターネットに繋がったPC・スマートフォンなどからアクセスすれば、いつでもどこでも映像を確認することが出来ます。

アナログ防犯カメラとネットワークカメラの違い

2020-05-01

新潟の皆様こんにちは。

ゴールデンウィークが始まりましたね。既に始まっておられる企業も多いと思いますが、皆様連休中は、いかがしてお過ごしになりますでしょうか。

弊社は5/2(土)~5/6(水)までお休みとさせて頂きますので、LAN工事、ビジネスホン、複合機等の設置、導入、修理や何かお困り事、それからご不便がございましたら、5/7(木)以降にお問い合わせください。

何卒よろしくお願い致します。

***********

さて、前回は防犯カメラの導入目的と新しい使用目的についてお話させて頂きました。
防犯カメラには多種多様な使用目的や生産性を上げるためのツールとしても多くの企業が導入されております。

防犯カメラには大きく分けて、アナログ防犯カメラとネットワークカメラの種類があります。
従来のアナログ防犯カメラの場合、設置した防犯カメラの近くに録画機も設置しなければならず、監視専用のモニターでなければ映像を確認できません。さらにアナログデータに変換するため画質が悪くなる上に、録画テープや録画機の定期的な交換など保守管理費用も高くかかります。
それに比べネットワークカメラの場合、防犯カメラは離れた場所にハードディスクを設置可能です。また、クラウド保存の場合は録画機が不要となります。専用モニターも必要とせず、ネットワークに接続されたPCのほか、スマートフォンやタブレットでも防犯カメラの映像を監視・遠隔管理が可能になるなど数々のメリットが存在致します。

ネットワークカメラの大きな利点として、セキュリティに優れていることも挙げられます。
防犯カメラとは離れた場所に録画機を設置する事が可能になりますし、クラウド保存した場合は録画機を盗まれる心配すらありません。その為万が一、防犯カメラを破壊されたとしても犯行直前までの映像をきちんと記録することが出来ます。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.