ビジネスホン質問事例⑧IN新潟

2021-04-27


新潟の皆様、こんにちは。本日はビジネスホンをご使用されているお客様から頂いたことのある質問をご紹介させていただきます。



質問

現状でビジネスホンを使用しているのですが、社内に知り合いの会社が間借りをして営業することが決まりました。既存のビジネスホンを活用してその会社の電話の発着信をすることは可能でしょうか?



回答

はい。可能です。このケースの場合は、まずNTTに新しい番号の取得を申請します。その番号の開通に合わせ、新しくできる会社様用にビジネスホンを増設します。

その上で、増設した電話機に新しい番号を振り分け、なおかつその新しい番号の発着信はその電話機でしかできないようにビジネスホンの主装置で設定をします。

その際に気をつけなくてはいけない点がございます。それはチャンネル数です。一般の光電話のチャンネル数は最大同時発着信数が2チャンネルとなっております。

ですので、頻繁に固定電話で発着信をされるお客様でしたら、発着信数が最大8チャンネルのビジネスタイプに変更されることをお勧めいたします。

ちなみにビジネスホンですと2番号に同時に転送をかけることもできますので、ご不便はないかと思われます。

ビジネスホンはとても汎用性のあるシステムですので、ご要望がございましたら是非当社
シンクロニシティーまでお問い合わせください。

誠心誠意、ご相談をお聞きし、最善の提案をさせていただきます。

ではよいゴールデンウィークをお過ごしください。

© 2015 Synchronicity inc.