文書の自動バックアップ

2016-04-27

新潟市の皆様、こんにちは。

昨日は朝から晩まで現場での電話工事が立て込んでいたため、1日ブログをお休みさせて頂きました。

「継続は力なり」という言葉を意識していただけに、悔やまれます。

*****

今日も昨日に引き続き、晴れ間が射し、すがすがしい1日ですね。

外回りをしていると汗をかくようになり、顔も日焼けするようになってきました。

季節の変わりは早いですね。

というわけで、今日も張り切って行って参ります。

*****

さて、ムラテックのマルチコミュニケーションデジタル複合機【MFX-2870】の「拡張性」について紹介させて頂いております。

〈手軽に文書共有、再利用〉

information serverのメモリーに保存したスキャンデータや、受信文書を、他のユーザーやE-mail宛先へ転送して情報共有したり、印字、ダウンロードなどのデータ再利用も手軽に行えます。

〈文書の自動バックアップ〉

information serverに蓄積した文書ファイルを定期的に指定共有フォルダーへ自動バックアップできます。
万が一のメモリーオーバーを未然に防ぎます。
バックアップしたデータも、webブラウザー画面から閲覧できるので、総合的な文書管理が行えます。

〈ペーパーレスFAX拡張オプション〉

【ファックス通信のペーパーレス化をさらに促進】

次回の記事から、「全文書検索」、「自動配信設定拡張」、「ファックスリプライ機能」について詳しく見ていこうと思います。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.