ビジネスフォンで社内のコミュニケーション力、向上

2020-06-14

新潟の皆様こんにちは。

新潟も梅雨入りしました。暑かったり寒かったり、ジメジメした天候が続く梅雨時は体調を崩しやすいものです。
天気が崩れると古傷が痛むと経験的に言われてきておりますが、気象の乱れで様々な症状を起こす方もおられますので、温度と湿度のコントロールをして、体調管理に気をつけていきましょう。

今週も新潟市を中心に五泉市や三条市、多くのお客様のご対応や見積もり依頼、LAN工事、ビジネスホン導入をさせて頂きました。
弊社は、新潟の工事会社になりますので、地域に根付いてどんな些細なお困りごともご対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

***********

前回ビジネスホンについて簡単にご説明させて頂きました。今回はその続きをご説明させて頂きたいと思います。

早速、企業側がビジネスホンを導入するメリットのお話をさせて頂きます。
現在、ビジネスホンは企業側で重宝されております。その理由としましては、前回お話させて頂いた、複数端末があれば契約した回線数の数だけ同時に対応することが出来る点につきます。

一般的な家庭用電話だと複数の端末があったとしても、1つの電話しか対応できませんが、もし仮に3つの回線を契約していれば、同時に3つ違う電話番号から電話がかかってきても、別の電話機で対応することが出来ます。
ビジネスフォンではそれぞれの電話機に内線の番号を振り分ける事が出来るので、振り分けた番号に社内から発信、通話する事が可能になります。
そのため、社内から遠くの方に担当者などがいた場合、内線の電話を使用することで、簡単に通話することが可能になります。
また、内線電話はオフィス内同士の通話になるので通話料金が発生しません。業務効率化に繋がるだけでなく、社員同士のコミュニケーションもスムーズになります。

Copyright(c) 2015 Synchronicity All Rights Reserved.