ビジネスホンの主装置入れ替え工事

2020-10-20


新潟の皆様、こんにちは。今週は新潟市の飲食店様の主装置の交換に行って参りました。先月、複合機の対応でご連絡を頂き訪問しました。コピーをした際に何本か黒い線が入ってしまうという内容の障害でした。いくつか原因が考えられるのですが、こちらのお客様の場合はガラス面の側面に貼られているシートの中にゴミが入っており、それが原因で影を作り、線が入ってしまっていました。対応方法としてはまず電源を切り、濡れたタオルなどで拭き、その後ティッシュで拭くと綺麗にゴミが取れ、正常に直ります。



お客様ご自身で掃除をされてもいいのですが、より状況が悪化してしまう場合もあるので、何かトラブルの際はまず一度当社にご連絡を頂くようにしております。状況によっては電話でご指示をさせて頂き、解決する場合も多いです。



こちらの飲食店様の複合機のご対応が終わったあとに、ビジネスホンのご相談を頂きました。現在のISDN回線から光電話に変更したいけど、購入した販売店はすでに倒産してしまっており、どこに相談していいか分からない。そういった状況でした。お客様のニーズとしては、電話機は綺麗で故障していないので、そのまま使いたい。ユニットの交換だけでなく、古くしっかり保守を見てもらいたいので主装置を新しくしたい。そういったお考えでした。私の方でいくつかの解決策をご提案させて頂き、主装置のみをリースで入れ替えることになりました。



こちらの飲食店様はコロナ渦の影響で売り上げが減少し、少しでも経費を抑えた中で、問題を解決したいということでした。こういった状況の会社様は多く、私たちはそのニーズに応えるために、最善のご提案ができるよう努力しております。通信費に関しても無駄な料金を支払っている企業様も少なくありません。通信機器のご相談だけでなく、通信費見直しのご相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


© 2015 Synchronicity inc.