新潟市北区ビジネスホン新設事例③

2021-03-04


新潟の皆様、こんにちは。本日は新潟市北区のお客様のビジネスホン新設工事の事例についてご紹介いたします。



こちらのお客様は、お電話でお問い合わせ頂いたお客様でした。お問い合わせ内容といたしましては、家庭用電話からビジネスホンへの入れ替えを検討されているとのことでした。



お伺いさせていただき、打ち合わせをさせていただいたところ、番号を3番号持ちたい、同時に3チャンネルの通話をされたいとのご要望があり、そのスペックに対応したビジネスホンの主装置を軸にご提案させていただきました。



打ち合わせの最終段階でお客様からご質問を頂きました。内容といたしましては「将来的には6チャンネル使えるようにしたいのだけどどうしたらよい」という内容でした。

6チャンネルの使用の場合は最初にご提案さしあげたビジネスホンの主装置だと、4チャンネルが最大使用チャンネルですので、もうひとつスペックをあげたビジネスホンの主装置でなくては対応できません。

もし、しっかり打ち合わせをせずに4チャンネル使用の主装置を取り付けさせていただき、後に6チャンネルにしたいとご相談を受けた場合に、新たに経費が発生しトラブルになりかねません。

現状の相談だけではなく、将来的な使用方法をしっかりとヒアリングすることの大切さを改めて学んだケースでした。

当社シンクロニシティーはお客様のご要望をしっかりとお聞きしてご提案するよう努めております。

ビジネスホンに関することは是非お問い合わせください。

© 2015 Synchronicity inc.