新潟市東区ビジネスホン工事事例④

2021-03-07


新潟の皆様、こんにちは。本日は新潟市東区のお客様のビジネスホン工事の事例についてご紹介いたします。



こちらのお客様は当社ホームページからお問い合わせいただきましてご訪問させていただきました。

お問い合わせ内容としましては、校内放送が使用できないので一度ビジネスホンのシステムを見てほしい、との内容でした。



翌日訪問させていただき、点検させていただきました。ビジネスホンの主装置をあけさせていただき、ユニットを確認させていただくと校内放送のユニットが収容されておりませんでした。

お客様にお話しをお聞きすると、IT機器を担当されていた前任者が突然退職されてしまい、後任の担当者の方が引き継いだのですが、どこの販売店から導入したかもわからない状態で困っていたとのことでした。



ビジネスホンの主装置がスタンダードタイプでしたのでユニットは最大5枚入ります。

光電話ユニットやVPNユニットが入っていたため、あと一枚のみユニットを入れる空きがございましたので、早速ユニットを取り付けさせていただき、校内放送の設定をし、使用できる状態にさせていただきました。



今回はご使用されているビジネスホンがSAXAのメーカーでしたので、比較的簡単な工事で済みましたが、メーカーによっては主装置を変える必要などがございます。



ビジネスホンのことでしたら当社シンクロニシティーまでご相談ください。

誠心誠意対応させていただきます。

© 2015 Synchronicity inc.